個人的にこの辺から一気に難易度が上がってきた印象があります!!


☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
他の層の解説はこちらから
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★



この攻略記事もなんとか7層まで辿りつきました。そして、今回もなかなかに長文になってますので、その辺は覚悟しておいてください(笑)


実はこの攻略記事を書くのにあたり毎回該当する層をやり直すんですが今回は結構な数をやり直ししてます。


今回の紹介する編成は、ひとつのミスが即失敗につながるのでなかなかシビアな戦いでした。
ただ、慎重でブレイクされない立ち回りが得意な人だと順調に終われちゃう感じかも!?


では、いつものお知らせの攻略ポイントから順に見ていきます!



攻略ポイント

FullSizeRender

・共通の耐性なし

○バトル2
ブレイクされると追加発動攻撃や効果量の高いデバフを付与してくる
→BRVダメージ軽減キャラ、弱体効果回避が有効

○バトル3
アビが使用できなくなる「忘却」デバフを付与してくる
効果量の高い「攻撃力ダウン」デバフを付与してくる




出現敵キャラ

FullSizeRender





目標スコア

FullSizeRender





ミッション

FullSizeRender




7層の敵は耐性がないので近距離遠距離魔法と好きなキャラを選ぶことができます。


バトルが3と少ないですが全く難易度が優しめの印象はありません。
むしろ難しい方です。


攻略ポイントにもあるように敵の攻撃が強力なので攻撃を受けきる盾キャラを編成にいれるのが無難です。


「忘却」や「攻撃力ダウン」等の強力なデバフもある為、その辺の対策もしていけるとジリ貧にならなくて優位に立ち回れると思います。


そして、ここも例によって後半になると敵の防御力が上がるのでアタッカーの単純な火力だけだと手数が多くなりActが足りなくなって倒しきれない場面がでてきます。


そういった場合に効率よく倒すにはバフで火力面を著しくアップさせるか、分配を利用してダメージを与える等の工夫が必要です。


以上の対策を考慮して選んだ今回の編成はこちらになりました。


FullSizeRender
IMG_8245
IMG_8246
IMG_8247

WOL:真化済(完凸)幻獣ボード7種
セルフィ:未真化、幻獣ボード7種
セフィロス:真化済(完凸)幻獣ボード7種

幻獣:ブラザーズ



火力をあげるだとか言ってたわりにWOLとセルフィを同時に使って、完全に防御面に重きを置いた編成になってますね(汗)


この2人を同時にここで使っちゃうのは少しもったいないような気はしますがセルフィ未真化だし「まぁいっか」って感じです。


そしてなによりこの2人を組み合わせることによって「ザックスを温存」できる。
これに尽きます!!


ここはザックスを一度使うと「ザックスなしでどうやってクリアするの?」ってぐらいにザックス頼りなクエストになってます、ってか私はそうでした(笑)


ただザックスレベルの盾キャラはこの後の層でも使っていきたいところなのでなんとかできないものかと、そう思って編成した今回のWOLセルフィの同時使いです。


正直な話、もちろんWOL、セルフィのそれぞれ1人しかいれない編成も試してはいます。


ただそれだとバトル2の高い攻撃力をもった蜘蛛の攻撃にシールドがパリンパリンと割られまくってしまうんですね、もうほんと困り果てました...


そしてそのときに思いついたのがこの2人編成です。


セルフィで初期BRVをあげてWOLのシールドの耐久値をあげて、さらにウォールの効果でBRVダメージ軽減をして効果向上。
これで防御面はバッチリ。


ただ、少し不安なのは火力面。


その辺はセフィロスのブラックマテリアとその直後のアビ消費なし効果を最大限に活かして立ち回ればなんとかなりました。


というわけで、今回は個人的な戦略でザックスを温存してますがこだわりがなければザックスを使っていくのが良さそうだと思います。


ほかに盾キャラがいれば連れていかないとここは難しそうです。
エイト、スノウ辺りも活躍しそうですね。



では、ここから各バトルの特徴を書いていきます。




・バトル1

IMG_8230

唯一の雑魚戦。
ただ両脇の2匹が「コンフュ」で混乱を付与してきます。


混乱するとBRV攻撃かHP攻撃を自動で選択して攻撃する状態に陥ります。


混乱するのはかなり面倒だったりしますが、BRV攻撃とHP攻撃の選択は案外まともだったりするので、アビを使うのにこだわりがなければそこまで痛手ではないのが正直なところ。


まぁ混乱しないならしないでそちらの方が良いに決まってますから、まずはコンフュ防止で両脇から倒していきましょう。






・バトル2

IMG_8236

FullSizeRender
FullSizeRender

この敵の1番の特徴は攻撃力の高さ
特に「ほのお+」「ほのお++」が凄く強力!!


2体が交代でヘイトリッドパワーをしてきて、そのヘイトリッドパワー中にしてくるのが「ほのお+」類ですが、そのヘイトリッドパワー中にブレイクされてしまうとそのまま追加HP攻撃が発生し「ジ・エンド」となります。


こればかりはブレイクされないように立ち回るしかありません。


今回の編成だと、WOLのシールド値をキープするのと、セルフィのウォールバフを切らさないようにする。
もうこれだけ気にして立ち回ります。


これ、どちらかでも切らすと一気に手持ちのBRVまで削ってくる攻撃がきます。
絶対に切らさないような気持ちで臨みましょう!!


とは言いますが、立ち回ってると頭が回らなくて「シールドの値が低かったかな?」って場面がでてきますし、どうしてもウォールのかけ直しが間に合わない場合がでてきますよね。


その時は、BRVを高く保ってブレイクされないようにしておけば、一時的にはしのげるはず。ブレイクされたら終了なので、念には念を入れて立ち回ってください。



ただ、中盤以降でヘイトリッドパワーを2体ともしてくる場面があります。


そのきっかけは、どちらかのHPが半分になるのが引き金となります。


だいたいの目安は下のスクショ

FullSizeRender


この直後に2体とも同時にヘイトリッドパワーをしてきます。


これは、相手の行動順じゃなくても発動するので、相手の行動順直前にHP半分にしてしまうと

「即強力な攻撃→ブレイクされる→はい、終了!」

って流れになりますから、原則こちらが連続で行動できる時に仕掛けたほうがベター。


注意するのは「どちらかがHP半分になったら」ということ。


先に単体集中攻撃してHP半分になったら発動しますから、できる限り2体とも平均的に削っていくのが良いです。


そのあとは総力戦。
先に1体倒してしまうと残りの1体が強化されるので、平均的にダメージを与えていきます。
最終的にどちらか倒すのは最後の最後にするのを強くオススメします。


じゃないと敵を1体にした直後に連続で攻撃されて「はい、お疲れ様でしたー」ってことになります(経験済み)



それと、対複数の敵に対して強い編成を組んでる場合はそのまま最後まで地道に立ち回って撃破を目指すと思いますが、今回の編成のように、対複数より対単体の方が得意な編成にした場合、ここの終盤で召喚を使ってたたみかけて撃破した方がより安定してこのバトル2を乗り越えることができます。


それぐらい終盤の不可視強化とヘイトリッドパワーが強くなっていて、一手ミスるとやられてしまうので、倒しきるまでは油断しないように。



補足メモ
・WOLは次のバトル3でスローバックラーとシャインシールドをより多く使いたい。ここまではHP++を多用し基本アビはシールド更新。両方の敵を同時にタゲるとシールド更新の為にアビを無駄に使用してしまうので基本タゲは片方のみ。


・セフィロスはやはりバトル3にアビを温存したい。HP+でもある程度のBRV削りは可能なので、リキャスト貯めやBRV削りで適度にアビを使う感覚で。ブラマテ直後のアビ消費なし時にアビ使用を忘れずに。


・セルフィはウォール使用回数が少ないのでこちらもバフ更新時と最小限に。HP+は攻撃後に自身にも分配可能なので多用。トレインはほぼ使用しなくてもバトル3に臨める。



・バトル3

IMG_8238

FullSizeRender
FullSizeRender

こいつは「立ち上がってから」が本番
HPが約80%となると立ち上がりHP全回復して攻撃パターンが変化します。


そこまでは特になにも気にしないで立ち回ってOK。立ち上がってからは相手の攻撃パターンを考慮した立ち回りに切り替えます。



立ち上がってからは1度攻撃はさんで
ふりおろす→フォーガ→なぎ払い
ってな流れだったと思います。


フォーガは忘却を付与してくるので、その前にWOLがスローバックラーでターゲット固定と弱体回避アップで忘却が付与されないように防止策。


100%回避ではないですが、セルフィのウォールと合わせてほぼ回避可能!?


なぎ払いは全体のBRV攻撃。 ってだけではなく、攻撃力ダウンのデバフを付与してきます。


この攻撃力ダウンがまた厄介だったりします。減少の効果量が大きく、一気に火力がなくなります。


ウォールでパーティ全体の弱体回避があがってはいますが、100%回避ではないのでその時は運がなかったと受け入れましょう(笑)


意識しているとわかりますが相手の攻撃サイクルはきまってますので、ALL攻撃の時にはウォール切れ注意と全体にシールド張り。その後にスローバックラーでタゲ固定。


火力担当のセフィロスは、行動負荷の低い縮地をうまく使いながら削っていきましょう。


終盤は相手の防御力もあがるので、分配をうまく使って効率よくダメージを与えます。



IMG_8240
IMG_8241
IMG_8242

スコアギリギリですね(汗)

今回はだいぶアビを余らせてしまいました。上の画像でも八刀が3回も残ってます。


前やった時は90Action切ってたので、そうなるとスコアももう少し余裕がでてきます。
逆に、Actionギリギリだとスコアが届かないので注意です。






今回は紫武器が2人いますが、ザックスを温存できたので個人的には満足してます。


この7層は盾キャラが非常に有効な役割を担ってくれるので誰を編成にいれるかがそれぞれ手持ちで大きく変わりそうですね。



©︎2017-2019 KOEI TECMO GAMES/SQUAE ENIX CO.,LTD.ALL Rights Reserved.
CHARACTER DESIGN: TETSUYA NOMURA