さて、11日に次元の最果て・13層が追加されましたがどうですかみなさん、パーフェクトクリアされましたか?
それともマイペースでオペラオムニアを楽しんでるから最果て自体ほとんどやってないよ!って人もいるかもしれませんね。


ただ11日からいっしょに始まったオータムキャンペーン。こちらの次元の最果てクリアの報酬がえらいことになってますよね。


FullSizeRender


アダマンナゲットも通常報酬とは別に80個とすごい数だし、ジェムも全コンプすれば29,500ジェムも貰えます!!


ただ、あくまでオータムキャンペーンのイベントの一環なので期間限定にはなってはいますね。


今回の報酬も豪華さの影響もあってか、いや普通にそれ目的だろ?今まで最果てをやられてない方や途中で放置されてた方もやり始めた感じですね。


ただ初めてやり始めた人や久し振りにやってる人の思うことはわかります。


「最果ての戦闘時間ながっ!!!」


もうね、これに尽きる!


いやね、これについては楽しめる一面もあるんですけど、まとまった時間がとれない人や高難易度ということでスコアやact未達でやり直しが発生することを考慮すると手を出しづらいという気持ちもわかります。


ただね、これを差し置いてもクリアした時の達成感は何度やってもあるんですよ!!(お前だけだよ!ってのはなしで)


まぁ、そんなこんなで次元の最果て、報酬目当てでも少しでも多くのオペオムプレーヤーが1つでも多くの層をクリアできるのを望みます。



ってなわけで、新たに追加された13層やってきたわけです。
まずはいつものワンポイントアドバイスから見ていきましょう!!

FullSizeRender

デバフ対策がエグいです。
「攻撃力ダウン」「防御力ダウン」「素早さダウン」「最大BRVダウン」「初期BRVダウン」にかからない


それでいて、バトル2では苦手な人も多いんでしょうか「亀」がでてくるので高いBRVを削る力も必要になってきます。


基本は不可視バフ、可視バフで味方全体を強化して、できるなら割合や強制BRV削りがほしいところです。


例によってアシェラが効果的ではありますが12層で出撃している人も多くいると思うのでどちらに使うか悩む人も少なくはなさそうです。あ、持ってないわたしには大したことない問題でした(しつこい)


そんな中クリアしてきたメンバーはこちらになります。


IMG_8828
IMG_8827
IMG_8829
IMG_8830

当然、他の層を崩してきました(笑)


とりあえずまずはクリアするのが目的なので全員紫キャラです。アルフィノは強化ボード済み。


もう3人とも味方全員強化するオールバフ持ち。割合BRV攻撃なくてもゴリゴリにBRVを削ってくれるし、アルフィノが特に無類な強さを発揮してくれました!!


正直このメンバーにしてからはそんなに苦労することなくクリアできましたが、それまではアルフィノを温存しようとしてクリア目指してましたのでなかなか突破口を見出せませんでした。


中には、最近の真化キャラを入れないでクリアしている人もいてPSの差を痛いほど実感した今日この頃。(あ、これ12層のことだった)


ちなみに、ほとんど普通の立ち回りして(ブレイク気をつけたりバフ更新を気にしたり)倒してたんですが、バトル1だけ気をつけてたポイントがあります。


左の敵がサマライズパワーってのをしてくるんですがこれのバフがかなり厄介なわけです。


こちらの「初期BRV、最大BRV、防御力」を下げてきながら自身の攻撃力とHPダメをあげてきて、弱体効果回避率をあげてくる。そして、それが段階強化」してくるんですね。書いてても訳がわからないほどモリモリなバフです(笑)


なので、このバフ効果を早く消したいので左から先に倒すようにしてたんですが...




↑これ、超絶PSをお持ちの「にくまきアスパラ」さんの動画ですが、ここに先に倒すとかいうことより効果的な攻略をのせておられます。


簡単に説明すると、さっさとダメージを与えてHP8割ぐらいで自動的に強化されるギミックを発動させるとサマライズパワーをやってこないんですって!!


まだ自分で試してませんがこれわかってるとだいぶ違ってきますね。
まだ攻略できてない方、これから解除して再挑戦される方、これよく頭に入れておきましょう!!!



ということで、他の崩した層も早々にやり直し完了してひとまずはミスリル復帰できました。



あ。クリアした報酬のジェムを全部使ってケフカ天井に届きました(泣)そして、ガードメダルが足りなくて防具交換できてません(泣)


それではまた


©︎2017-2019 KOEI TECMO GAMES/SQUAE ENIX CO.,LTD.ALL Rights Reserved.
CHARACTER DESIGN: TETSUYA NOMURA